毎日がeveryday

万年筆とコーヒーとカメラとロードバイク

ドリップコーヒーをはじめよう

 

こんにちは,うさげです.

今日はドリップコーヒーをはじめたい人に向けて書きます.

 

ドリップコーヒーとは

 ドリップコーヒーとはどのようなコーヒーなのでしょうか.

一般的にドリップという方式を用いて抽出(ドリップ)したコーヒーのことを指します.

"Drip"というように,抽出時には滴下している様子が伺えます.

 

f:id:usakotosirousako:20181216220008j:image

 

ドリップコーヒーで使用する抽出器具は

  • 様々な素材のドリッパーにペーパーフィルターを装着して使用するもの
  • 金属などでできているフィルターと一体になっているもの
  • 金属のわっかに布をフィルターとして装着するもの

などがあります.

 

最も良く見るのはペーパーフィルターを装着して使用するもので,ペーパードリップとも呼ばれています.

ドリッパーはガラスや陶器,銅製などさまざまな素材でできているため熱伝導の違いがあったり,リブ(側面についている溝)や形状でお湯の流れ方が変わったりなど種類は多岐にわたります.

 

ドリップコーヒーに必要なもの

 ドリップコーヒーに必要な道具をまとめました.

まだ道具を揃えてなくて,かつなるべく安くはじめたいという方はこちらを参考にしてください.

 

lapincoffee.hatenablog.jp

 

ドリップコーヒーに必要なもの

コーヒー豆(粉)

(豆のままの場合はグラインダーまたは手挽きミル)

ドリッパー

(ペーパーが必要なドリッパーはペーパーフィルター)

ドリップポット

カップ

お湯を沸かせるもの

(何杯も一気に抽出する場合はサーバー)

 

あると味のコントロールができるもの

温度計(湯温を測定する.)

スケール(豆の量を測定する./抽出量を測定する.)

タイマー(抽出時間を測定する.)

--

 

以上です.

はじめるなら安くても良いのでここにあるものは全て揃えるとより本格的になり,楽しめると思います.

特にドリップポットはドリップをする上で実際に操作を行う部分になり,自分の技術をどれだけ出せるかに関わってくる部分なので拘って選ぶと良いと思います. 

 

lapincoffee.hatenablog.jp

 

ドリッパーは先にも書いたように,本当に色々な種類があるので,そのときの気分や豆によって変えてみると良いです.

 

実際にドリップしてみよう

 道具が揃ったら実際にドリップをしてみましょう.

私のフローは下記のようになっています.

 

お湯を沸かす

  ↓

(ペーパーの場合フィルターをドリッパーにセットする)

  ↓

豆を計量する

  ↓

お湯が沸きそうになったら豆を挽く(グラインダー)

   ↓

お湯をドリップポットとカップに注ぐ(場合によってはドリッパーにも)

  ↓

ドリップポットに温度計をいれ,自分の思う温度になったら抽出開始

 

 

昔は"高いところからのの字にゆっくりとお湯を注いでいく"というのを良く聞きましたが,その方法では豆が飛び散りますし,狙ったところにお湯を落とすことが難しくなります.

低いところから円を描くように抽出をすると良いでしょう.

挽目はお好みです.

ドリップコーヒーは細挽きなどと良く言いますが私は中~中荒挽きが多いです.

ただしドリップをする人だけドリップの方法があると言っても過言ではありません.

競技会の映像やプロのバリスタの抽出がYoutubeで見られるのでそちらを参考にすると良いと思います.

 

 

まとめ

 ドリップコーヒーはファクターが多いのでとりあえずやってみて自分に合う方法を探そう.

"美味しい"が正義.